ホーム > ブログ

ブログ

2020.04.28

花の名前って、難しいですよね?

絶対に当て字でしょ・・・。

『万年』が『千年』でも良かった訳で、

『青』が『緑』だって、もっと良かった訳で。

読めなくても少しも恥ずかしくないし(ーー;)

と、いきなり屁理屈をこねた八つ当たりm(_ _)m

本社のロビーを入った左に鎮座しています。

2020・4・28万年青①

この万年青、とても縁起の良い、且つ歴史ある植物なんだとか。

『徳川家康が江戸城に引っ越す際、

家臣から献上された万年青を城内に植え、

その後長く繁栄した』という言い伝えが、縁起の良さの発祥でしょうか。

400年以上も昔から栽培され続けているんですね。

花言葉は【長寿】【母性の愛】

長寿はなんとなく分かります。

では母性は?

ヒントはこちら。

2020・4・28万年青②

地味ですが、花です。(まだ蕾)

この後、赤い実が成るようです。

葉っぱに包まれた赤い実を、母親に抱かれた赤ちゃんに見立てて、

【母性の愛】

実が成ったら、またアップします。

お楽しみに。

 

2020.04.27

ご覧になりましたか?

 

金曜日は朝から快晴でした。

洗濯物は気持ちよく乾いて、

窓越しに春の陽気を心地よく感じらましたが、

夕方から空模様は一転し、雷雨が・・・。

その後、夕日の沈む前に空が明るくなり始めると・・・、

ワクワクするのです。

虹の架かる条件が全て揃っていますから(^-^)

思惑通り17:40頃、東の空にそれはそれは立派な虹が!!

2020・4・24虹①

スマホでは全体が入りません。

パノラマで撮った写真は失敗しました。

まだ雨は降っていましたが、少しでもきれいに見える場所へと移動します。

2020・4・24虹③

もう少し花の近くへ・・・。

2020・4・24虹④

天体ショーは20分ほど続きました。

コロナの憂鬱をひと時、忘れることができました。

 

ここのブログにも、過去何回か虹の写真をアップしています。

2017年8月(撮影者Sさん)

IMG_ブログ用・虹1

2019年8月(本社2階より)

2019・8虹③

2019年8月・撮影者(Kさん)

ダブルレインボー②

ついついシャッターを押してしまうんですね(^-^)

『いい事が沢山ありますように・・・』

 

 

 

 

2020.04.23

春なのに、どこにも出かけられないもどかしさ。

そんな人間をよそに、

あちらこちらで花は開き、ツバメもやって来ました。

営業所が花盛りになるのも、間もなくです。

シャクナゲが蕾を持ちました。

2020・4・22営業所花①

金平糖のような蕾を持つカルミア

2020・4・22営業所花②

ハナミズキは西側のピンクと南側の白。

2020・4・22営業所ハナミズキ

室内の蘭も次々と咲いて見事です。

2020・4・22営業所花⑤

同じ蘭でも、こちらはエピデンドラムという品種だそう・・・。

2020・4・22営業所花⑥

コロナウイルスに振り回されているのは人間だけなんですね。

パニック映画さながらの衝撃的な出来事が、

私たちの直ぐそばで日々起きています。

ただ、映画の画面と違うのは、

自然の織り成す景色が、普段通りに日常の中にあることでしょうか。

昨日の夕焼けも奇麗でした。

2020・4・22夕日②

僅かな屋根の隙間から、夕日を受けて強烈な光を放っていたのが、

本社屋上の看板だと分かった時は、目を見張りました。

2020・4・22夕日①

花も風も優しいです。

春だから・・・。

 

 

2020.04.21

狭いスペースにも関わらず、

本社の花壇は、手入れをすればスクスク育つことがわかりました。

年ごとに遡ると・・・。

昨年(2019)、アメリカンブルーとアゲラタムが脅威の繁殖力を見せたのは

記憶に新しいところです。

11月29日植え替え①

一昨年(2018)は日々草

IMG_7597

2017年にはピンクマーガレットと日々草が。

2017・honsya・hana8

2016年の記録は無く、

面白いことに2015年はほぼ家庭菜園状態でした。

トマトやバジル、オクラに唐辛子まで・・・( ゚Д゚)

070702

IMG_8845

IMG_8851

たった5年前の事なのに、すっかり記憶から抜けていました。

 

2020現在は、早くもノースポールが勢いを増しています。

2020・4・16⑦

間に挟まれたビオラが、どこまで耐えられるか、と言ったところでしょうか。

もっと気の毒なのはスイートアリッサム。

2020・4・10スイートアリッサム

完全に覆い被さるのも時間の問題かと思われます。

 

チューリップの後に植えるお花は、数を少なくしたほうがいいかも知れませんね。

悩ましいところです。

 

2020.04.17

先月、おびただしい数のアブラムシを見つけて、

2020・3・23チューリップアブラムシ②

どうしたものか?と

焼け石に水的な処置だとは理解しつつ、

セロテープでくっつける作戦を試みました。

粘着面を外側にしてペタペタ・・・。

2020・3・23アブラムシ駆除①

まぁ、簡単に取れます。

2020・3・23アブラムシ駆除②

でもキリがない・・・。

しかも、花びらの付け根あたりは届かない・・・。

アッサリ諦めて、テントウムシの幼虫に期待をかけていましたが、

なんとこの子たち、期待以上の働きをしてくれました。

幼虫の数を数えたわけではありませんが、

わざわざ探す必要のないくらいの数が認識できます。

そのおかげか・・・、

アブラムシは激減し、花壇は元気を取り戻したかに見えます。

2020・4・16①

テントウムシは一日に50~100個のアブラムシを捕食するのだとか。

そろそろサナギになって活動を休止するのでしょうが、

「お疲れ様」と言いたい気分です。

 

植え替えも少しずつ始めます。

昨日、ヘンルーダーという柑橘系の苗を植えました。

猫が寄りつかない香りを発する、別名「猫よらず」

2020・4・16③

まだ苗なので存在感は薄いけれど、50~100cmまで成長するそうです。

2020・4・16②

チューリップは、もうしばらく光合成に励んでもらって、

来年の栄養を蓄えてもらいましょう。

 

2020.04.16

ドラッグストアの店頭からマスクが消えて2か月余り・・・。

さすがにストックは底を突いてしまいました。

我が家のマスク事情は急を要します。

国からの配布も間に合わない、となると、

作るしかないでしょう。

しかも、ミシンがないので手縫いです。

外出自粛の手内職にはうってつけ・・・。

不格好な作品ですが、狭い範囲で使うには問題ありません(と思います。)

布巾で作りました。薄いです。

2重にして、中にコーヒーフィルターを(カットして)入れます。

2020・3・27マスク2

最初、耳ゴムは帽子用を通していましたが、

ご近所の奥さんに「これがいいわよ」と教えてもらったのがこれ。

2020・3・27マスク3

なんだと思います?

正解は・・・。

IMG_4443

タイツです。

時期的にお安くなっていました。

先ずは、こんな風に切ります。

紐連結1

次に、2cmほどの幅に縦に切り、ビョ~~~~~ンと伸ばすと丸まって、

右端のような紐状に変化。

紐連結2

耳にやさしい、実に使い心地の良いゴム紐になるんです。

 

Mさんはマスクをミシンで量産。

さすがに出来上がりが奇麗です。

2020・4・16マスク

自分でもチマチマ作っているのですが、

厚かましくも、少し分けていただきました(^-^)

 

コロナの感染は日ごとに深刻さを増しています。

うがい・手洗い・マスク

できることは、やっていきたいと思います。

 

皆様も、くれぐれもお気を付けください。