ホーム > ブログ

ブログ

2018.07.05

むしろ感心してしまいます・・・。

スペース的に無理があるでしょう・・・。

って思うんですよ。

狭い花壇の中で場所を探している形跡も見られます。

(土を蹴散らして跳ね上がった跡)

2018・7・5花壇②

前回の場所は荷造り紐でバリアを張りました。

依って、ここの被害は免れています。

(植え直した、丸で囲んだ花はダメかも知れません。)

2018・7・5花壇③

すると、別の場所が!!!

2018・7・5花壇①

見るからに狭いスペースでしょ?根性ありますよね・・・。

ここも囲むか・・・。

取り敢えず今日は、『コーヒーかす』を撒いておきました。

 

2018.07.02

無敵だと思っていた【シュロの葉】

すっかり枯れてはいるけれど、それなりにお仕事はしてくれていたのです(多分)

日課となった、『帰宅時のシュロの葉設置』と『出勤時のシュロの葉回収』

ニャンコにとっては、どれも不愉快極まりない設置だと思っていました。

2018・7花壇①

今日も、朝の回収をしたところ・・・。

2018花壇②

無残にも日日草は掘り返され、むき出し状態で枯れかかっているではありませんか!!!

「・・・」

仕方ない・・・、植え直し・・・。

2018・7花壇③

作戦の練り直しです。

はぁ~~~~~~~まったく・・・。

2018.06.28

もう、来ないと思っていた私が甘かった・・・。

シュロの葉作戦はそれなりに効果があり、

もうそろそろ要らないかな~~~~なんて考えていた矢先、

昨日、今日と、シュロの葉の僅かな隙間を潜り抜けて、

挑戦者はやって来たのでした。

(掘り返された花壇の写真を撮り忘れてしまいました)

 

そこで、新たな日日草を追加。

これでかなり隙間は埋まった筈(^_^)

2018・6日日草

ついでにマリーゴールドの枯れた花だけ選定。

2018・6花③

結構、スッキリしました。

2018・6本社花壇①

お花はまだまだ楽しめますヽ(^。^)ノ

2018・6本社花壇②

今週は、かなり気温の高い日が続くようなので、

お花のお水を忘れないようにしないと・・・。

もしかしたら、

6月中にまさかの梅雨明けもあるかもしれませんね。

皆様、体調を崩されませんように・・・。

 

 

2018.05.29

暑いですね~。

皆様、体調を崩したりされていませんか?

気温の高低差に付いて行きかねる今日この頃、

花も全般的に早咲きの感があります。

営業所のKさんから、花の写真が届きました。

⑨2018バラ②

バラもそろそろ終わりでしょうか。

右の赤いバラは昨日まで蕾(左下)だったそうです。

②2018京鹿の子・金糸梅・ホタルブクロ

緑の中に埋もれるように、色とりどりに咲いています。

⑥2018ドクダミ

下の花・・・、名前が分からず、色々調べてようやく分かりました。

『リシマキア・ミッドナイトサン』・・・、覚えられません・・・。

⑧2018黄色い花

花たちはもちろん可憐なのですが、花より団子・・・。

実の成るものは、さらに楽しみです。

③2018イチジク・ゴーヤ

野菜も元気!!

④2018きゅうり・ピーマン

きゅうりは早くも収穫できました ヽ(^。^)ノ

⑤2018きゅうり②

最後に幸せのお裾分けを。

チョコちゃんの散歩で見つけた・・・と。

昨年とは少し離れたところに咲いていたそうです。

摘むのに一生懸命になり過ぎて、

チョコちゃんの存在を忘れられてなかったか心配・・・。

(『チョコちゃんの写真を撮り忘れた』とのことでした。う~~ん、忘れられてたかも)

⑦2018四つ葉のクローバー

Kさん、たくさんの写真をありがとうございました。

次回はチョコちゃんもお願いします。

 

 

 

2018.05.22

本社の裏庭のサツキが満開になりました。

2018・5裏のサツキ

紫陽花もそろそろ開花の準備を始めています。

初夏の陽気の今日この頃。

5月は特に体調を崩しやすいように感じます。

身体も夏に向けての準備を始めているのかもしれませんね。

 

サツキの咲く側の小さな池の中も、小さな物語が展開しています。

2018・池のメダカたち①

メダカは一回の産卵で5個~20個の卵を産むようです。

個体差はあるようですが、4月から8月までの5か月間、産み続けるのだとか・・・。

したがって、一年で産む卵の数は数百個~二千個にもなるそうです。

ただし、そのほとんどがカビで死んだり、捕食されてしまいます。

親メダカも卵を食べてしまうんですって・・・。

この池の中には、フナや金魚も同居しているので、生存競争は熾烈を極めます。

激しい自然淘汰が繰り広げられる中で、すくすくと育つ去年のメダカ。

今年は何匹生き残るでしょうか?

 

2018.05.17

猫避けシュロの葉効果、抜群です。

退社の折に葉を被せ、出社したら外す。

これだけの手間です。

2018・5・15花壇①

2018・5・15花壇②

どのお花も傷めることなく、5月とは思えない暑さの中で頑張っています。

 

ところで、葉っぱが出てくるシクラメンの花柄ですが、

自宅の花柄でも試してみました。

何となく葉っぱのようなものも身に纏っていましたからね。

 

シクラメン①

 

もしかしたら葉っぱになるかも、と毎日観察するつもりだったのに、

すっかり忘れていて、気が付いたのが二日前・・・。

観察しようと思った日から既に、一か月が経過していました。

結果!!

シクラメンの種①

種が出来ていました。

ね?やっぱりそうでしょ?

シクラメンの種②

近すぎて少々ピンボケですm(_ _)m

気付くのが遅かったせいか、種は2個しかありませんでした。

気付かぬまま、掃除機で吸い取ってしまったものと思われます。

花は沢山咲いたけど、花柄が膨らみ、種が採れたのは1個だけです。

この種を撒いたら、ちゃんと出て来てくれるでしょうか?

挑戦してみますヽ(^。^)ノ