ホーム > ブログ

ブログ

2020.07.30

複雑な心境・・・。

ひまわりの蕾に大きな期待をかけていました。

まだ小さな蕾ですから、まさか咲くとは思いもよらず・・・。

しかも、咲いた花の花弁は6枚。

2020・7・30ヒマワリ②

アップで撮ると違う花に見えてしまう不思議。

2020・7・30ひまわり

う~~ん、他の蕾もこんな感じなのかな・・・。

華やかさは期待できそうにありません。

 

そして、もう一つ。

立派に生い茂ったヘンルーダ(猫寄らず)なんですが、

あちらこちらに『はらぺこあおむし君』が出没してまして、

7.30アゲハの幼虫①

今はまだ鳥の糞を装った色をしていますが、脱皮を繰り返して、

最終的に見覚えのある「あおむし君」になります。

現在の体長は20㎜ほどです。

7・30アゲハの幼虫②

大きさの違う幼虫がこれだけ居るということは、

2020・7・30アゲハの幼虫④

まだどこかに孵化していない卵も有る筈。

と、探しました。

直径2㎜にも満たない、真ん丸な卵です。奇麗ですよね。

アゲハの卵②

 

問題は、あおむし君になった時の食欲です。

ヘンルーダは5本ありますが、パッと見、20匹以上は居ると思われます。

この子たちが、全部大きくなると、あっという間に葉を食い尽くしてしまうでしょう。

さて・・・、どうしたものか・・・。

プチ会議の結果、

恐らくは殆どの幼虫が、何らかの被害に遭い、

自然淘汰されるだろうと予測し、温かく見守ることにしました。

夏の間、次々とアゲハが卵を産んで、どんどん増えたら、

果たして、ヘンルーダは持ちこたえられるでしょうか・・・。

 

アゲハの成長記録。またアップします。